K  O  U  M  Y  O  J  I
臨済宗 妙心寺派 萬壽山 光明寺
栃木県足利市田島町1717
0284-41-8986

●永代供養墓地のご案内

光明寺の永代供養墓地

永代供養墓地の納骨施設は、十三仏(個人型・夫婦型)と聖観世音菩薩(集合型)からなり、核家族時代に備えた、跡継ぎがない方々の安住の地です。将来、無縁仏を出さないために永代供養を採用し、光明寺住職が責任を持って遺骨の管理を行い、臨済宗の儀式に則り供養を執り行います。
●永代供養の期間は、光明寺が存続する限り永久に継続いたします。
●年回忌法要は、三十三回忌まで行い、その他毎年の春秋彼岸供養、盆・施餓鬼会供養は永久に執り行います。

十三仏

亡くなった方の中陰(初七日から四十九日まで)、及び年忌法要に本尊として迎える諸仏・諸菩薩です。またこの中の八仏は十二支の守護仏にもなっています。

●不動明王/忿怒身に姿を変えた大日如来の化身(初七日忌、酉)
●釈迦如来/真理を教え広めた仏教の始祖(二七日忌)
●文殊菩薩/諸仏の知恵を象徴する菩薩(三七日忌、卯)
●普賢菩薩/諸菩薩中の上位で仏の理性を示す(四七日忌、辰・巳)
●地蔵菩薩/地獄の責め苦を救い延命をもたらす(五七日忌)
●弥勒菩薩/釈迦が未来仏として予言した菩薩(六七日忌)
●薬師如来/人々の病を癒し苦悩から救う仏尊(七七日忌)
●観音菩薩/人々を一切の苦しみから慈悲をもって救う仏尊(百ヶ日忌、子)
●勢至菩薩/知恵の偉大な力で人々の迷いを除く(一周忌、午)
●阿弥陀如来/極楽往生をかなえる西方極楽浄土の教主(三回忌、戌・亥)
●阿閦如来/無病息災を授ける東方仏国土の仏尊(七回忌)
●大日如来/知恵の光で宇宙をあまねく照らす密教の中心尊(十三回忌、未・申)
●虚空蔵菩薩/広大無辺の知恵を持ち記憶力を増大させる(三十三回忌、丑・寅)

聖観世音菩薩
観世音とは、世の中の人々の救いを求める声(音)を観じると、ただちに救済の手を差し伸べるという意味です。つまり、救いの要請があれば、さまざまに変化して人々を導き、大きな慈悲を行うのが観音菩薩です。その中で正しい姿で表された、もっとも基本的な観音菩薩を聖観世音菩薩と言います。